看護師にはカードローン利用者が多い

看護師の調査をしているとカードローン利用者が多いことに驚かされます。
看護師と言えば女性の高給取りなはずなのになぜ・・?
看護師がカードローンで借金を
実のところ看護師は、それほど高給取りではありません。
確かに初任給は他業種に比べても類を見ないほど高水準です。
ただその後の昇給が鈍く、30歳前後にもなれば他業種より劣ることもしばしば見受けられるほどです。
つまり看護師は経済的に優遇されているわけではなく、貧困と隣り合わせだということです。
そのため看護師の中には生活苦のためにカードローンでお金を借りる人が多いと言えるでしょう。
看護師は職業の安定性ゆえに審査に通りやすく、さらには上限額が100万円以上とかなり優遇されるのもその背景の一つではないでしょうか。
さて、このサイトでは看護師がカードローンでお金を借りるときに、どの業者に申込めば一番お得なのかを解説しています。
とくとご覧あれ!

ちょっとここで看護師のカードローン生活を見てみよう

佐藤さん 32歳女性
私は内科病棟の看護師ですが、夜勤回数が減り給料が下がったため、生活費の緊急避難としてカードローン利用しました。
契約当時は別に仕事を求めるも、生活費としてすぐに手に入るわけではなかったため、当面の生活費の補助として利用をいたしました。
借りたのはアコムです。

お金を借りるまでの流れ

無人契約機での契約をしたため、申込は無人契約機に該当事項を入力で完了しました。
入力は全て無人契約機のタブレット端末に入力を行い、最終の確認のみタッチペンによるサインの記入を求められました。
審査は申し込み後、即行われ、勤務先情報の入力や申し込み内容の確認などを行っている間に完了しておりました。
その後は、10分ほどでキャッシュカードが作成され、契約終了後、ある程度たってからキャッシング利用が出来るようになりました。
審査では生年月日や住所などの基本的な個人情報と、勤め先の連絡先などを聞かれました。
また、家族は利用している事実を知っているかどうかも聞かれました。私は家族へは連絡をしていないと答えましたが、特に問題なく契約を進めていただくことができました。
あと保険証と住所が確認できる自分宛の郵送物の確認を求められました。
病院への在籍確認の電話はありましたが、申込をした消費者金融の会社名ではなくほかの名前でした。
内容も、キャッシングの利用をしたというものではなく、以前に問い合わせをいただいた会社のもので、申込の内容を確認させていただきたいという内容でしたため、勤務先などに不要な不安を与えることなく勤務先確認がなされました。
その後は支払いが遅れることはありましたが、月内に全て完結をさせておりましたため、電話連絡などが来ることはありませんでした。
また自宅に契約書の発行したものの一式が届きました。ただし、郵便は親展郵便での送付でした。
まあ病院にバレルこともなかったので今でも看護師を続けられています。

↑ PAGE TOP